2017/09
<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年3か月。

フューチャーカード バディファイト 第64話「放て!フューチャーカード!」
ついについについに最終回です・・・!!!
ご視聴してくださった皆様、有難うございました。
これから放送の皆様もいらっしゃるので、内容については観てのお楽しみにさせていただきますね。

1年3か月、もうそんなに経ってしまったんですね・・・。
そりゃそうですね。64話も放送されたんですからね。
オーディションから数えると、この作品に携わらせて頂いてる時間はもっと長いです。
ほんとうにあっという間でした。

未門牙王と人物は、正直にいうと演じるのがとてもとても難しくていつも不安いっぱいのまま収録をしていました。
私と牙王は似てる所が多いのでは?とよく言われますが、実はほぼ正反対に近い?と思っています。
そんな「私」が出てしまう時に「牙王」に何度も救われました。何度も励まされました。
数えきれないほどの大切なものをもらい、そして成長させてくれました。
その光で照らし私の心の炎も灯してくれた・・・すげぇな太陽番長。

一度挫折や成長を経ている牙王はまっすぐ伸びた一本の木のようだなって思います。
一期はどちらかといえば「牙王の周りの人物の成長物語」かなと思っています。
主人公は牙王だけど、主役はタスク先輩。もしかしたら牙王以外が主役なのかもしれません。
だからこそ牙王は太陽番長。
でもさすがに小学生なのでまだまだ失敗もありました。
池田監督の言葉をお借りすると、「試合には勝てても、勝負には負けている」。
まぁそれでも、牙王はすごい人物ですよね(笑)
みんなの憧れが具現化したかのような存在。
でも、そんな「彼」も相棒のドラムやタスク先輩、未門家・・・ここに書ききれない沢山のみんながいるからこそ、
太陽番長でいられるんだと思います。
牙王も心の炎をみんなに灯してもらっている。
支えて、支えられて、成長できるヒューマンストーリー。
それがバディファイトなんだなと思います。

現場も本当にバディファイトの世界そのものみたいです。
毎回毎回こんなに楽しくていいのかって心配になるくらいです。
むしろ仲が良すぎて恐い(笑)
家族のように暖かい現場で、私は見守られながら自由にお芝居させてもらっています。
そしてとにかくキャストさんスタッフさんの半端ない情熱!パッション!!!もう漏れ出ちゃっていますよねw
こんなに愛が溢れかえる素敵な作品と出会えて、関わらせて頂けて、一員になれて、本当に幸せです。

本当に多くの方のたくさんの応援にいつも助けて頂いています。
ひとまずバディファイト一期は終了です。
バディファイトを愛してくださっている皆様へ、心よりお礼申し上げます。

って最後みたいにつらつら書いてますがw
牙王もタスク先輩も言ってたけど、さよならなんて言わないぜ?終わらせねーぜ!!??w
だってバディファイトは来週からもまだまだ続くんだからなーーー!!!

ということで、4/11(土)朝8時から新番組「フューチャーカード バディファイト100」が始まります!!
二期はですねー・・・
変な意味ではないのですが、牙王が主役の主人公っぽいことをしているかも・・・?(笑)
雰囲気もガラリとかわってますます面白くなってます!!
さぁこの勢いにみんなしっかりついてこいよーーー!!!!!
http://www.tv-aichi.co.jp/fc-buddyfight100/

そして全64話が4/14(火)までニコニコ動画で無料視聴できますー!
ぜひぜひ何度でも繰り返し観てほしい・・・!!
彼らの熱いメッセージを受け取ってください!!
http://ch.nicovideo.jp/fc-buddyfight

そしてバディファイトの本日より情報番組も始まりました!!
その名も、「エブリ!バディ部!」
こちらもぜひチェックチェックだぜーーー!!!
http://fc-buddyfight.com/every-buddy/

こういう時、私は文章で表現することが苦手なので、うまく書けているか不安になります(笑)
てかうっわ!すっげ長くなっちゃいました!
読みにくくてすみませんw
それではこれにてドロン!


水野麻里絵
スポンサーサイト

« 今年の・・・ | ホーム |  ブログを »

コメント:

この記事へのコメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

バディファイト1期お疲れ様でした!

バディファイトがついに1期最終回。そして新シリーズへ。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
1~2話のエピソード、というかタスク先輩との初めてのファイトで「負けない方法じゃない、勝つ方法だ!」という牙王ちゃんが大好きで、その台詞を(同じじゃないんですが、むしろ同じじゃないからこそ)この最終話の局面で聞けたのが本当になにより嬉しかったです。
62話が大好きで、前半パートでの何かを堪えながらも皆の前ではなんでもないと振る舞う牙王ちゃん、意識されているんじゃないかと感じたのですが、街の声に怒るドラムに対してもなだめるような態度。
ドラムはきっと一緒に怒ろうと思ったのに乗ってこない、というか不安な気持ちを表に出さない牙王ちゃんへの苛立ち(それはきっと自分、バディなのに、という自身へのものなのかなと)みたいなものを感じて、
そして牙王ちゃん自身もずっと少し遠くを見つめているような、ちょっと身が入っていないみたいな状態で、
稽古後に始めてお母さんに電話したシーンの涙にふるえる声に思わず涙が出てしまいました。
このシーンの目元を映さないで口元だけ、声だけで泣きを表現されてるシーンすごく印象的でした。
太陽番長は人前で泣かないんだ!っていうことなのかな、なんて。
めったに子どもらしい不安定さを見せない牙王ちゃんだからこそ印象的で、不安な気持ちの伝わる素敵な演技だったなと思いました。

その後のタスク先輩との屋根の上で弱音をこぼすシーンも同じような理由で大好きです。
やっぱり牙王ちゃんにとってタスク先輩はすごい人、尊敬する人であって、だからこそ身近な人には言えなかった、言っちゃいけなかった弱音をこぼしたんだなと思いました。先生には相談しちゃった、みたいな感じなのかな、なんて。
お母さんに1度弱音をこぼして、泣いた後だったからたがが1つ外れてたのかも、という感じというか。
タスク先輩が自分より強い実力者なんだというのをわかっていたからこそ?
そんなところに牙王ちゃんは礼儀正しい、というかけして悪い意味でなく人によって態度を変える事ができるところがあるなと思いました。こういった事が伝わってくるのもまりえさんの演技あってこそなのではないかと思います。
それにしても牙王ちゃん、本当にできた小学生ですね(笑)

ドラムとの関係がこの64話の間にこんなに変わったんだというのが本当に印象的で煉獄騎士戦のときのドラムの守るからセンターに移動しろっていう言葉は2話の時とは全然意味が違うもので、牙王ちゃんも守られて、盾にするなんてとんでもない!というスタンスだったのが、背中を任せる、というかまさに相棒というか。
対等だからこその関係になったんだなと。
ギリギリの局面でのドラムの言葉に対しての、ひでえな、と笑うシーンがとても好きです。

最終話でのファイトが終わった後、キョウヤくんになんでもないことだったかのように言うシーン。あんなに悩んで苦しんで、泣いて。本当はぜんぜんそんなことないのに
なんでもない!って言える牙王ちゃんに本当にただただ涙が出てしまいました。
このシーンでのOP曲がまた…!
バディファイトは楽しいゲーム、きっとこのキーワードが大事なものなのでしょう。

二期も本当に楽しみです!
バディポリスとしての活躍、ニコ生で公開されたOPEDを見たところフューチャーフォースのリアルファイトシーンが増えるんだろうか?などなど、何もかもが楽しみでなりません。

26日のバディ祭りではまりえさんも出演されるステージが当選したので見に行きたいと思います!
バディ祭まりえさんは出られないのかな~とずっと思ったり事務局に投書したりしていたのでご出演が決まったの本当に嬉しかったです!そして当たってよかった♪

長くなってしまった上まとまりがなくて恐縮ですが、少しでもこの気持ちをまりえさんに伝えられたらと思いコメントを書き込ませていただきました。
これからもまりえさんを応援しております!

コメント:を投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

http://geppitsu.blog.fc2.com/tb.php/84-c8e2fafe

この記事へのトラックバック:

 | ホーム | 

プロフィール

水野麻里絵

Author:水野麻里絵
声のお仕事をやらせてもらっています。
笑顔が一番!
スマイルSMILEすまーいる!!

最新トラックバック

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。